DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/10(火)   CATEGORY: おかいあげ
「くるり全アルバムiTunes Music Storeにて配信開始」だって。
ちょっとJ-POPが聴きたくなったので、iTMSをふらふらしてきました。

J-POPはカラオケ用にちょっと聴くくらいであまり得意ではありませんが
たまにぐわあっとJ-POPが聴きたい時もあります。
うん、それでいうと「くるり」はたまにぐわあっと聴きたなるJ-POPですね。

何でもiTMSで全アルバムを配信開始したとかで、
いや、すごいなと思いました。
確かに、「くるりを聴きたいとは思ってもアルバムを買う程ではない」層は、
確実にiPodユーザー層と重なるところが多そうです。

めがねをかけている人はめがねをかけてください。

iTune Music Store:くるり

個人的に、メガネをかけた男の人は無条件で評価が1割増しますが、
いつもメガネをかけている人がたまにコンタクトにしたりすると
評価が半額くらい値下がりします。

「くるり」というと、バカでかい口をぐわあって開けて
絶叫しているイメージがあるのですが、それも今は昔なんでしょうか。
方向性が節操ない感じとかかなり好きじゃないですが、
「J-POPという音楽」のベスト盤と思えば聴けます。

・ワンダーフォーゲル:TEAM ROCK
・永遠:TEAM ROCK
・WORLD'S END SUPERNOVA:THE WORLD IS MINE
・静かの海:THE WORLD IS MINE
・BUTTERSAND / PIANORGAN:THE WORLD IS MINE
・水中モーター:THE WORLD IS MINE
・ハイウェイ:ジョゼと虎と魚たち (オリジナル・サウンドトラック)
・赤い電車:NIKKI
・虹色の天使:NIKKI

すげーポップ!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/01/09(月)   CATEGORY: でじもの
デジモノとは - とある敏腕営業の名言
某デジモノ誌の敏腕営業曰く、
「電気を入れて動くものはデジモノ!」
なんだそうです。

だから加湿器はれっきとした「デジモノ」になるわけです。
じゃあじゃあ時計は?ハイブリッドカーは?とか思うのですが、
敏腕営業に絞め殺されそうなのでやめました。

「ビジョメガネ」は好きな連載ページです。
メガネはデジモノじゃないけど。

賛否両論で絶賛発売中ー。

ソニーマガジンズ「ビジョメガネ」

「雑誌に掲載されたビジョたちの半分くらいしか載ってない」という意見はごもっとも。
まあ、いろいろ大人の理由とか"大人になっちゃった"理由とかいろいろあるみたいです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/09(月)   CATEGORY: でじもの
加湿器「±0 Humidifier」- "タカラ"かぁ
昨年の暮れに誕生日プレゼントとしていただいた「±0 Humidifier」ですが、
何となく使うのがもったいなくて、今日まで外に出していませんでした。

「ひゅーみでぃふぁー」だって。加湿器でいいじゃんね。

「±0 Humidifier」アロマポット付き/ホワイト

外箱のデザインもいいので、しばらくこのままでもいいかな、と思いましたが
モタモタしていると加湿器の時期が過ぎてしまうので満を持して開封しました。

陶器と見紛う外観

写真では陶器のように見えますが、実際の素材はプラスチック。
なのでコツコツと叩いたりするとプラスチック的な軽い音がします。
プラスチックをいかに陶器のような外観に仕上げるか
その地道な工程が±0ホームページに書かれていましたが、
吸い付くような肌触りは、これがプラスチックかと思わせる程良くできています。
外観に比べて素材が安っぽいと考えるか、
プラスチックなのに丹念に仕上げられた外観だなと考えるかは個人の捉え方ですね。

アロマポッドは「付き」がよい?

上から見るとこんな感じです。

これが「ポット」…

写真右の小さいリングがアロマポット。
これを本体の凹み部分に乗せて使います。
この小さい「アロマポッド」が付いているというだけで
値段が2,000円も違うのか、とちょっとブルーになりましたが、
双方のスペックを確認すると、タンク容量と
それに伴って連続加湿時間が3時間多くなっていました。
うん、だとしたら「アロマポッド付き」の方がいいな。

律儀なデザイン家電

本体はタンクと蒸気噴出部分の2つに分かれています。

注意書きのシールがちょっといいです。


左のドーナツ状になっているのがタンクです。
これをひっくり返し付属の漏斗を設置して給水します。

ろうと?ロート?漏斗?

取っ手がついていたのが意外で嬉しかったです。
この加湿器、デザインコンシャスな割に
ちょっとしたところで「家電のニオイ」がして親しみを覚えます。
なんというか、クールで気取った人かと思ったら、
意外と家庭的で親しみやすくて律儀な人だった、という感じ。
完璧な塗装が施された本体表面に、規定通りちゃんと「注意書きシール」を貼るあたり、
野暮ったいというより、かえって律儀に思えて好印象でした。

こわごわ…

さて、水を入れてみましょうー。
水位は確認しやすい専用の窓があるので、よっぽど勢いよく水を入れない限り
こぼしてしまうようなことはないと思います。
思ったより水が入り重たくなるので、水が入った状態では取っ手を使うのではなく、
両手で本体を持たないとぐらぐらして水をこぼしそうになるので注意です。
この時ばかりはつるつると仕上がった表面加工が少々恐怖になります。

これにしっかりふたを締めて…、
ひっくり返して蒸気を噴出する方にかぶせる、と…。
ひえー、こわごわ。ちゃんとふた締まってるかなー。
私のような非力な人間には心配なところです。
が、特に問題なし。
中央凹み部分に小さく刻まれている▽マークを上下合わせてかぶせて…、セット完了?
あり?かぶせるだけ?なんかかっちりとつなぎ合わせる部品とかないのかなあ。
ちょっとぐらぐらしますが、これはこれか。むー。

スイッチスイッチ…

タンクをセットするとコポコポと水が流れる音がする。
オイルポットにはおなじみ無印良品のエッセンシャルオイルを入れました。

よくわからないものはとりあえず無印ってこと多いな。

無印良品「エッセンシャルオイル・グレープフルーツ」

オイルポットもセットしたところで、スイッチをいれよう、スイッチスイッチ…、
スイッチ…ない。
電源コードつないでいきなり運転開始!ってやつね。はいはい。
コンセントに近い方へ移動させようと持ち上げると、
わわっ、タンクだけ持ち上げちゃった。水がぼととっと音を立ててこぼれる。
やっぱ、タンク部分と蒸気噴出する部分とを接続する構造を作った方がいいと思うなあ。

電源コードを入れると「ピーッ」という音がしてどうやら運転開始した様子。
5分もしないうちに蒸気がもうもうと出てくる。
アロマオイルのかおりも、ほんのりとだけど漂ってきた。
室内の湿度は上がってる…のかな?
冷暖房なんかに比べて体感しにくいので何とも言えませんが、
すごく勢いが強い蒸気というわけではないので、
シャワーのように蒸気を浴びたい人には向いてないかもしれません。
でも普通これで充分なんじゃないかな。

家電とデザイン家電

デザイン家電というのは、家電であって家電でないところがあるように思います。
家電の機能を果たす以前にデザインが大切なのであって、
悪い表現に聞こえるかもしれないけれど、
「デザインに家電機能がくっついた」のがデザイン家電なんだと思います。

とにかく「このデザイン」が部屋にあるということと、
「このデザイン」から蒸気が出るというところに意義があるような気がしました。
湿度だけでなく、そのデザインでも生活を潤してくれるはず。

コンセプトといい仕上がりといい、総じてよくできたデザイン家電ですが、
ひとつだけ…、取扱説明書の裏表紙にデカデカと
「タカラ」のロゴを載せるのはいかがなものかと思います。
「タカラ」のロゴが悪いわけじゃなくてさ、
ブランドイメージのためには住み分けも必要と思ってさ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/08(日)   CATEGORY: 無印良品
無印良品「防災セット」- 愛用しなきゃ意味がない?
「内側がオレンジ」というとMA-1のトラウマがあります。


昨年夏に発売されると、即日完売状態となった無印良品の「防災セット」。
私も例に違わず即日購入し、家族を中心に何人かにプレゼントしました。
「東京は危険なところです」というメッセージカード付きで。

先日、防災セットをプレゼントしたあるおうちに遊びに行ったところ、
部屋のそこかしこで防災グッズを使用していました。
「災害時でもないのに使ってしまったら、いざという時意味がないんじゃないの?」
とたずねると、
「いざという時使い方がわからないってことがないように、今から使ってるの!」
とのことでした。うーん、それも一理ある、かな。

でも消耗品とかはこまめに補充して欲しいなあー。
と思っていたら、無印からセット内容が単品発売されることになりました。

無印良品「防災セット」単品発売開始

わざわざ無印で買わなくてもいいものばかりですが、
「水保存袋」と「防沫充電ラジオ」はおすすめです。

すごく「そのまま」なネーミングですが
無印良品「水保存袋」
素材もしっかりしている割に、コンパクトにたためるので
いくつあっても無駄にはならなそうです。

ぼ、防沫…?読み方がわかりません!
無印良品「防沫充電ラジオ(携帯電話充電機能付き)」
単に「ラジオ」なら一家に一台でいいかもしれませんが、
「携帯充電器」となると一台ではちょっと足りないかもしれないので。

折しも、今月1月17日は阪神大震災が起こった日。
あのような大災害の前では、こんな防災グッズなど無意味なのかもしれないけれど、
防災グッズを身近なものにすることで、災害はいつでも起こるものなんだということを
忘れないでいればいいかな、と思いました。

ちなみに、防災グッズは定期的に新しいものに交換しましょう。
9月1日の防災の日などを契機に消耗品を入れ替えるとか、メンテナンスするとか。
はっ!私のもそろそろ食品をチェックしないと!
[ TB*2 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/07(土)   CATEGORY: でじもの
ヤマハ「YSP-1000」ブラック - インテリアに黒の波
ヤマハより2005年に発売となった
デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP-1000」。
これが何かということはひとまず置いといて…。
この商品、シルバーとブラックが発売されているのですが、
最近、ブラックの方が好調とのこと。

これ1台じゃ何が何やら本当にわからないなあ。

ヤマハ「YSP-1000」ブラック

なぜブラックが売れているのか検証したところ、
どうも薄型大画面テレビの色が関係しているのではないか、とのこと。

確かに、最近の薄型大画面テレビはシルバーではなく、
ブラックのフレームが増えてきている。
黒の色調表現が売りの薄型テレビはその黒が浮かないようにするために、
フレームもブラックにしている商品が多いのだ。

で、「YSP-1000」と薄型テレビがどう関係があるかと言うと
この商品、テレビの下などにセットして
映画館のような音の効果を自分の部屋でも再現する製品なのです。
まあ、簡単に言ってしまえば「スピーカー」なのですが、
その薄型テレビのフレームに合わせて黒が売れているのではないかとのこと。

なるほどー。それはなかなか理にかなっている話。
今や液晶・プラズマに関わらず、
製造工場が24時間フル稼働しているというくらい
薄型テレビは当然のように売れている商品なのだ。

この「ブラックが売れている」現象は、何も「YSP-1000」だけの話じゃなく
テレビ周りのAV機器・家具から始まって、
インテリア用品全般に広まっているんじゃないかと感じます。

確かに、インテリアショップなどを見渡すと、一時期のホワイト・シルバー一辺倒から、
ピアノブラックを始めとする深いブラックの商品も増えてきている気がするし、
あの無印でも、ブラックの製品が徐々に増えてきている。
確か、ブラックの製品が出始めたのも液晶テレビをリニューアルした辺りからだったはず。
iPod nano なんかも、明らかにブラックの方が評価高いし。
(というより、ホワイトの方はなぜスクロールをグレーにしてしまっだろう。)

まあ、白の時代の次はとりあえず黒、というだけな気がしないでもないですが、
iMacから5カラーが出た時に、世の中の雑貨がみんな「iMacカラー」になったのを
ちょっと思い出しました。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/07(土)   CATEGORY: いただきもの
amadana電子計算機「LC-104」- いい子にしてたお年玉!
エクセルが大好きな私にとって、
電卓なんか必要とも思ったことがありませんでした。
しかし、ここへ来て電卓の必要性を実感。
請求書の作成や見積書なんかの再チェック再々チェックには
体を動かし電卓を叩くことも大切なのだ。

同僚にもらった電卓はあるけど、
本体が軽くて動いてしまうし、何よりキーが重たい。
どうせうちの会社は自腹なのだ。買うならちゃんとした電卓が欲しいし
持ち歩くつもりはないのだから、キーが大きくてタッチが軽いものがいい。

無印の電卓も悪くはない。でも電卓に2,000円もかけるのってどうなんだろう。
デザイン・機能・使い心地で言ったらamadanaの電卓なんだけどなー。
でも、…5,000円っていつの時代の電卓の値段よ。

改めて見てみるといたって平凡なデザインです…

amadana 電子計算機「LC-104」ブラック

兼ねてより、ほしいなほしいなー、でも高いなー、
とFranc Franc に行く度に思っていたamadanaの電卓。
(ちょうど先日の買物のときもどうしようか迷って諦めたところだった。)

なんと!さるお仕事関係の方から、お年賀代わりとして頂けることになりました!
いやー、いい子にしていた甲斐がありました。
ありがとうございます!W+のYOITさん!

で、できれば黒がいいな…。
[ TB*0 | CO*1 ] page top
欲しいものリスト’05 - 軽度買物依存症の日々
欲しいものリストをつけ始めたのは小学生の頃でした。
誕生日会のお返しにたまたま「おこづかいちょう」をもらったのだけど、
あの家計簿的なこまごまとした支出表を毎日書かなければならないというのが
どうにも性に合いませんでした。

しかし、ある時「欲しいものをどんどんリストアップして行って
後日本当に欲しいかどうか検証する」手帖に変えたところ、これが毎日続く続く。
よくもまあ、こんなに欲しいものがあるもんだ、と思うと同時に、
よくもまあ、こんなどうでもいいもの欲しがっていたもんだ、
と2・3日前の物欲を遠い過去のようにを振り返り冷静になる私がいました。

さて、今年も要らなくなったノートに細々とつけていました「欲しいものリスト’05」。
久々なのでざっと振り返ってみることにします。

・ウェーブ ハンディワイパー
  欲しい欲しいとほぼ毎月書いている。
  「ワイパァァァァ」と絶叫までして欲っしている。
  我ながら恥ずかしいです。決して高いものではないのに…。
  「誰か買って下さい。」とまで書いている。つうか自分で買えよ。

・自転車
  なんと、34,799円もする折りたたみ自転車を買おうとしていたようです。
  しかも12インチ…。こんな小さいタイヤ、絶っ対疲れるだろう。目を覚ませ。
  ま、目を覚ましたから現在15,000円の自転車に乗っているのですが。
  ふー、2台分も買える自転車買うとこだった。あぶねぃ。

・シュレッダー!!
  かなり語気を荒げて叫んでいる記載が見られます。
  個人情報保護法の波に乗せられていたと思われます。
  今は会社のシュレッダーで全部切り刻んでます。
  だいたい、シュレッダーなんてこの家のどこに置くんだよ…、とほほ。

・トースター 2,899円
  具体的な金額の記載があることからも買う直前だったのは確か。
  しかし、どのトースターを買おうとしていたのか全く記憶になし。
  だいたい、トースター機能があるオーブンレンジがあるのになぜ…。

・Air Mac Express
  あー、iPod shuffle → nano に続くiPod騒ぎにまぎれてすっかり忘れていた。
  ええ、これは本当に必要なんです。代わりになるものでもなんでもいいんですが、
  早く無線環境に変えたいです。

・Macメモリ(512MBくらい…)
  ええ、本当に早く買わなきゃならないのはこういうものです。

・バスマット
  バスマットは確かに必要だった!
  だって今の家に引っ越しして以来、
  ひとつのバスマットをずっと使っていたのだから!
  (こういうと汚ギャルのようで嫌ですが…)
  でもバスマットは無駄に高い!ような気がしませんか?
  タオル程大きくもないくせに、タオル以上に高い。
  平気で2,000円くらいするんだあいつら。
  ずっとほしいほしい言ってましたが、
  現在はFrancFrancの2005夏のセールで買いましたのでご心配なく。

・冷房!及び暖房!
  最初の夏と冬は冷暖房なしでした…。
  「及び」とか言ってる場合じゃないよ。
  引っ越しした時に冷暖房エアコン買えよ…。

・KEITA MARUYAMA のボーダーシャツ 18,900円
  高い。でも買ってしまった。これはこれで重宝している。
  しかし、ほしいものリストの中で
  「もう7月まで何も買わないわ☆」なんて言い訳しているのがムナしい。
  その次の日にWORLD WIDE LOVE でノースリーブ買ってますけど!
  この時点でまだ3月…。どう考えてもノースリーブははぇーよ。

・卓上空気清浄機!!!!超大至急!!!!
  入社1日目の記載。
  相当会社の空気が悪かったのだろう。
  しかし結局買いませんでした。
  今や慣れっこになっている自分が改めて怖いです。

ふう、昨年もこれだけ買わずに済みました。
本当はもっと色々あるけど、きりがないのでここら辺で失礼します。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/04(水)   CATEGORY: かいものかご
「MICRODIET」スープタイプ - 正月太りをどうにかせねば
正月太りしました。

夜中にサルバトーレ・クオモのマルゲリータをまるごとひとりで食べたり、
キルフェボンのケーキを2ホール買って、1日で3/4ホール分くらい食べたりしてました。
正月太りくらいは早めに戻さないと後がまずいなあ。
ダイエットでもしますか…。

となると、安易な私は、すぐダイエット食品を買う方向に行ってしまってよくない。
結果が出たものもあるけれど、お恥ずかしながら続いたことはありません…。
結局、やせる云々より、試してみたいだけのようです。

例に違わず「MICRODIET」のドリンクタイプも試しましたが、あまり続きませんでした。
あのプロテインの味と中途半端な甘味が合わないようで…。
なら、スープタイプはどうだろうか?

 1回で4杯くらい飲んでしまいそうだ
 サニーヘルス「MICRODIET」スープタイプ

食べたことないし、スープだから甘くもないだろうし、
味見も兼ねておかいあげしてみようかなあ。でも、味見に16,800円は高いしなあ。

そんなわけで只今思案中です。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/03(火)   CATEGORY: 無印良品
無印良品「洗えるルームシューズ」- かかとの意義
お気に入りのスリッパがあるのですが、
素材が薄いので冬場はちょっと底冷え気味です。

冬用にルームシューズを買おうと毎年思うものの、
ちょうど良いデザインもなかなかなく、靴のような重たい素材が多かったり、
間違えてかかとがないバブーシュを買ってしまったりしていました。
(バブーシュはスリッパより底が薄く、かえって寒い…。)

そこで定番の無印「洗えるシリーズ」からルームシューズが出てました。
いやはや、灯台下暗し。値段が下がっていたので即決でおかいあげです。

床と保護色になっている…

素材は「洗えるスリッパ」の素材と同じでふわふわ素材。
底も程よく厚く、床の冷たさがちゃんと遮断されてます。
使ううちに薄くなるかもしれませんが、汗をかかない季節なので夏よりは持つかも。
かかと部分はクッション素材が入っていません。
折り曲げても使えるように、ということでしょうか。
これじゃ結局寒いのでは…、と買った後気がつきましたが、履いてみるとあらふしぎ。
このちょっとした薄いかかとがあるだけで、随分暖かさが違う、気がします。
うーん、不思議。

無印良品ネットストアでは、既に「季節の品のお買い得」のカテゴリに入っていました。
もしかしたら今後なくなってしまうかもしれないので、取り急ぎおすすめ。

 無印良品「洗えるルームシューズ」M/ベージュ×アイボリー
 サイズ:M・L / 色:ベージュ×アイボリー・ネイビー×グリーン。

ネイビー×グリーンもいい色でしたが、もう作ってないのかひら。

追記:2006/1/4

使ってみると、歩いたり膝をついたりするなど
少しかかとが浮くだけで、かかとの部分が外れてしまいます。

基本はかかとをつぶして履き、動かない時のみ防寒にかかとを立てる
という使い方ならいいかもしれませんが、ちょっと落ち着かないかも。
来年のモデルチェンジの際にはこの辺りを改善して欲しいなあ。

追記:2006/1/7

ちょっとしたことでかかとが外れてしまったり、ということがあったものの、
スリッパと違い脇があるし足にフィットしているせいかやはり暖かさがあります。
うーん、暑苦しくもないし、かかとが外れたとしてもなかなか快適です。
[ TB*1 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/02(月)   CATEGORY: おかいあげ
2006年 はつ買い
「NEVE MAT」ホワイトブラック/M - Franc Franc
・「THICK CHECK CUSHION COVER」ブラック - Franc Franc
「SQUARE WALL CLOCK」ホワイト - Franc Franc
・「IKEBANA」SEN - Franc Franc
・「OVAL CHIP MAT」ホワイト - Franc Franc

世の中は福袋と新春セールで大賑わいでしたが、
そんな賑わいとは関係ないFranc Francでした。

バーゲンって苦手です。
混んでるし、呼び込みが騒々しいし、バーゲン品ばっかりだし、
本当に欲しいものは「セール対象外」だし。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/01(日)   CATEGORY: おかいあげ
2005年 買い納め
「ホームスター(HOMESTAR)」コスモブラック - Amazon
「±0 Humidifier」ホワイト - A2 collection
「洗えるルームシューズ」ボーダーニット - 無印良品
・「AROMA CANDLE」mango - 渋谷LOFT
「THISTLE CANDLE」グリーン - Franc Franc

Franc Francのセール、始まっていました。
季節商品のような一部商品の値下げって感じです。
Franc Francのショッピングサイトでも同商品がセールしてます。
http://www.so-net.ne.jp/Shop/franc/index.html

「±0 Humidifier」をお買い上げした時のこと、
A2 collectionの店員さんの話を小耳に挟みましたが、
この日はこの加湿器がよく出たそうです。なぜだろう…?
確かに「±0 Humidifier」が置いてあるはずのBEAMS TIMEにはなかったけど。
やはり季節ですかねぇ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © その日暮らしの手帖. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。